カードローン審査の基準について

カードローンの審査に通らない時、どんな理由が考えられるのでしょうか。

審査に通らなかった時も、なぜ通らなかったのか、その理由は教えてもらえません

自分で通らない理由を推測して、別のローンへの申し込み、あるいは期間をあけて再申し込みする必要があります。

延滞履歴が残っている

以前にローンを利用していて延滞していると、その履歴は信用情報機関に残っています。一定期間経たないと、記録はなくなりません。自分でも忘れているような返済遅れのせいで、審査に通らなかった可能性があるのです。

信用情報機関の記録は本人なら照会することができますね。審査に通らなかった場合は、一度調べてみるとよいでしょう。

収入が少ないまたは勤続年数が短い

カードローンでは、収入に応じた限度額が設定されます。しかし、あまりにも年収が低すぎると返済できないと判断されて、審査には通らないでしょう。

また、カードローンでは住宅ローンのように勤続年数の条件はありません。しかし、安定した収入があると判断されるためには、少なくとも半年は同じところで勤務している必要があります。

申し込みフォームの記入間違い

申し込み時の入力フォームに間違いがあるケースです。住所や電話番号などなら、うっかりミスとして判断されることも多いですね。ただし、連絡が取れないような記入もれや入力間違いなら、審査を受けても結果を伝えることができません。

また、収入を大きめに、勤続年数を長めに書いてしまうと、わざとではなくても信用を失ってしまうことがあります。送信前にしっかりと確認しておきましょう。