カードローン審査で重要な属性について

属性は、簡単に言ってしまえば、カードローン審査に申し込む時に記入する項目となります。

年齢や勤続年数、勤務先とその規模(従業員数)、既婚か未婚か、住居は賃貸なのか持ち家なのかなど、多岐にわたって記載していきます。

このいずれもが、申し込みする方の信用度を判断していく材料となるわけですね。

良い属性なら審査に通りますし、借りられる額も大きくなるでしょう。属性によっては、審査が否決になることや、希望額まで借りられないということもあります。

それでは、信用度が高い良い属性とはどのようなものなのでしょうか?

勤続年数が長い

同じ会社で長く働いているということは、収入の安定度が高いということになります。収入の大きさ自体よりも、安定しているかどうかが審査では重視されるのです。

仮に転職していたとしても、職種や業種などが変わっておらず、キャリアアップとみなされれば信用度が下がらないこともあります。

住居は持ち家

持ち家だとずっとそこに住んできて、これからも住むであろう、という予測がしやすいため信用度が高くなります。賃貸でも居住年数が長いほうが信用度は高まるでしょう。

公営住宅の信用度は低めになってしまいます。

既婚か未婚かはケースバイケース

信用度が高いということでは既婚です。家族がいれば、簡単に連絡が取れなくなってしまうような状態にはならないからですね。しかし収入から支出の割合がそれなりに高く、未婚者ほども自由にお金が使えないことが、限度額の低さにつながることもあるのです。

この点は申し込みをしてみないと分からない点でしょう。

属性は簡単に変えられないものですが、意識することで少しでも信用度を高くできることもあります。申し込み前には見直してみましょう。

カードローン審査と在籍確認

カードローン審査では、在籍確認は必ず行われます。しかし、申し込みをする方は、在籍確認のことを考えると、少なからず心配になってしまうのではないでしょうか。

在籍確認とは、申し込み者の勤務先に連絡を入れて、本当に勤務しているかを確かめるものです。

勤務先には電話連絡が入るため、「ローン利用のことがバレてしまわないかな?」と気になりますよね。在籍確認がどのように行われるのか、具体的に見ておきましょう。

まず、審査は一次審査と本審査に分けて行われます。

一次審査が通った段階で在籍確認が行われる場合がありますね。また、本審査終了後に借入の意志確認をすませて在籍確認することもあります。このように、カードローンを取り扱う金融機関によって違いがあるのです。

実際に電話連絡を入れる時には、金融機関名などは原則として名乗りません。担当者の個人名で電話がかかってきます

ただし最近では企業によって、個人名の電話は取り次がないこともありますね。こんな時には、銀行カードローンなら○○銀行ですというように名乗るようになっています。銀行名なら、ローンの利用かどうかはわからないでしょう。

また、在籍確認は申し込み者本人が電話に出る必要はありません。不在の場合でも働いているという確認ができれば、そこで完了です。

ローン申し込みをした後、気づかないまま在籍確認がすんでいることもありますね。金融機関側も、できるだけ在籍確認とわからないように連絡を入れてくれます。

気にはなるものですが、カードローン利用前には必要なことなのです。

審査なしで借りられるカードローンを検証

審査なしで借りられるカードローンはあるのでしょうか?

審査なしだと、誰でも借りられる、審査にかかる時間も短いというメリットがありそうですよね。ですが、もしも審査なしと書かれているカードローンのウェブサイトを見つけても、申し込まないほうがよいのです。

審査がないなら申し込んでみたいという心理を突いた、違法な業者の客寄せサイトというケースがほとんどでしょう。金融機関の立場にたって、審査をしないということがどういうことか考えてみればわかります。

審査をしないことで、金融機関は申し込み者の収入などを知ることができません。そもそも収入がないなら、返済する手段もないわけですが、それも確認できませんよね。

また、収入に応じた貸付額というのも、審査なしでは把握できないでしょう。申し込み者が安定した収入を持っていて、そこから確実に返済するという確証がないと、金融機関はお金を貸すことはできないのです。

つまり、審査なしというカードローンは存在できないというわけですね。簡単に借りられそうというイメージが強いのですが、見つけても申し込まないほうが得策でしょう。

違法な業者が、審査なしと書いている場合、そこに自分の連絡先を知られてしまうと、その後ずっと借入の案内を受け取ることになってしまいます。

また、違法な業者間に自分の連絡先がすべて筒抜けということにもなりかねません。実際に借入しなくても、違法な業者に連絡をとることは大変危険な状態を作り出すのです。審査なしのカードローンを見つけたら、逆に絶対に申し込まないと決意しないといけませんね。

カードローン審査の口コミをリサーチ

カードローンの審査を口コミで知りましょう。特に初めての審査に申し込む時には、不安もあるものです。

口コミで、気になる点を解決できることもありますよ。

「オリックス銀行カードローンに申し込みました。審査日数は最短2~3日、ローンカードが届けばすぐに使えるということです。ネット銀行なので、借入までの流れはネットや電話など、どこにも行かなくてよかったですね。以前は年収の条件があったと思うのですが、今はなくなっています。この点も申し込みやすいと思いました。借入や返済の方法もいくつかあるので、便利な点も選んでよかったと感じているところです。」

「地元の地方銀行カードローンを選びました。口座を持っていたので、あまり深く考えずに申し込んでしまったのです。審査の日数は意外と長く、1週間以上経ってから連絡をもらいました。また、カードローン契約のために必ず店舗に行かないといけないということです。なかなか時間がとれず、カードローン利用までにかなり日数がかかってしまいました。」

「都市銀行カードローンに申し込んだのですが、口座が必要なものでした。審査の結果自体はその日のうちにわかり、安心できたのです。しかし、そこから口座開設などに日数がかかってしまい、できるだけ早く借りたかったのに間に合いませんでした。口座なしで、すぐに利用できるようになるカードローンを選んでおけばよかったと思っています。」

069186

カードローンの審査日数に加えて、実際の借入までのステップをしっかりと確認しておきましょう。

口座との連動性も重要ですが、いつ借りられるようになるのかもカードローンではチェックしておきたい点ですね。

即日で借り入れできるカードローン審査の見分け方

すぐに借りたい時には、即日審査が完了するカードローンを選びたいですよね。

カードローンのウェブサイトには、審査にかかる時間が書いてあります。目安となる審査時間は把握しやすいでしょう。

また、即日審査可能なカードローンでは「即日も審査OK」「即日審査結果が分かる」といった表記もされています。ただし、これはあくまでも最短審査時間なら即日ということになるものです。

24時間いつでも審査に申し込めるカードローン

また、ネットで24時間いつでも審査に申し込めるカードローンも増えていますね。

しかし、審査をしている時間は24時間中ということはありません。銀行によって違いもありますが、9時から20時などといったように、審査対応時間が決まっています。

審査対応時間外に申し込みすると、翌営業日の審査対応時間になってから審査が始まるのです。急いでいる時には申し込みのタイミングにも注意しておきましょう。

即日審査が完了するカードローンの見分け方としては、保証会社に注目するという方法もあります。

保証会社とは、銀行カードローンを利用する際に、申し込み者の保証をするところです。担保や保証人が必要ない銀行カードローンでは、保証会社の保証を受けないと借りられません。この保証会社が、消費者金融となっているカードローンは、総体的に審査時間が短いです。

審査期間が短くても、借入までに日数を必要とするカードローンもあります。また、郵送による手続きを介すると、利用までに期間がかかるのです。借入までのタイミングも確認の上、申し込み先を決定しましょう。

カードローン審査にかかる期間は?早く結果を知りたい!

カードローン審査に申し込みをしたら、少しでも早く結果を知りたいものですよね。

カードローンの審査にかかる期間はどれくらいなのでしょうか。最近では銀行カードローンも審査時間が短くなっていますよね。

消費者金融と変わらない、30分審査の銀行カードローンもあります。しかし、中には1週間以上も審査にかかってしまうカードローンも見つかるでしょう。

審査時間

また、申し込み方法の選択によって、審査期間が変わることもあります。ネットや自動契約機なら、その場で審査結果が分かるようになっているカードローンも増えているのです。

郵送では審査の所要時間は、郵送のやり取りの日数を含めて長めとなっています。

いずれにしても、審査にかかる期間のみを重視するのではなく、借入までどれくらいかかるのかという点をチェックしておきましょう。

というのも、審査時間は短いカードローンでも実際に借りられるようになるまでの期間は長いものもあるからです。

銀行カードローンでは、銀行口座の開設後でないと借りられない場合もあります。また、地方銀行のカードローンに多いのですが、契約は直接店舗で行うことが条件というものもありますね。

このように、銀行カードローンでは借入までの流れが、各銀行によって違いが大きいものです。

申し込みのみしておいて、借りるタイミングはいつでもよいという方もいるでしょう。しかし、多くの場合はできるだけ早くキャッシングできるようになりたいのではないでしょうか。

カードローンの審査にかかる期間のみでなく、借入までのタイミングを確認しておきましょう。

審査の甘い銀行カードローンってあるのでしょうか!?

審査の甘い銀行カードローン、探していないでしょうか

銀行の審査は厳しい、でも銀行で借りられると金利が低い、こう考えて通りやすい方法を考えるのは誰も同じです。

銀行に限らず、審査の甘さを申し込み前に知ることはできません。審査の基準は分からないのです。

また、口コミなどで審査の甘さを知ろうと思っても、申し込みをする方の属性が違えば、同じ結果にはなりません。

誰かが「審査が甘いですよ。」という情報を寄せているカードローンに申し込んだとしましょう。それでも自分が借りられるということにはつながらないのです。

審査の甘い、厳しいは申し込み者の主観的なものが大きくなります。

金利について

また金利の低さが銀行の特徴と考えられています。しかし、最近では消費者金融のカードローンも低金利のものがたくさん登場していますね。

最高金利は、銀行カードローンと大きく違いがないものも見つかります。銀行カードローンの審査に通らないかもしれないと不安があるかもしれません。

そんな時には、消費者金融も申し込み先にピックアップしておくことをおすすめします。もちろん、消費者金融なら絶対に通るということではありません。

カードローン審査にまつわる甘さ、厳しさをどんなに調べても、結論は出ないものなのです。

通りやすいローンを知ることは不可能となります。借入先をピックアップし、審査で申し込み先を決定しようとは考えないほうがよいですね。

ローンのスペックや、使いやすさなど、カードローン自体で申し込み先を決めましょう。

カードローン審査の基準について

カードローンの審査に通らない時、どんな理由が考えられるのでしょうか。

審査に通らなかった時も、なぜ通らなかったのか、その理由は教えてもらえません

自分で通らない理由を推測して、別のローンへの申し込み、あるいは期間をあけて再申し込みする必要があります。

延滞履歴が残っている

以前にローンを利用していて延滞していると、その履歴は信用情報機関に残っています。一定期間経たないと、記録はなくなりません。自分でも忘れているような返済遅れのせいで、審査に通らなかった可能性があるのです。

信用情報機関の記録は本人なら照会することができますね。審査に通らなかった場合は、一度調べてみるとよいでしょう。

収入が少ないまたは勤続年数が短い

カードローンでは、収入に応じた限度額が設定されます。しかし、あまりにも年収が低すぎると返済できないと判断されて、審査には通らないでしょう。

また、カードローンでは住宅ローンのように勤続年数の条件はありません。しかし、安定した収入があると判断されるためには、少なくとも半年は同じところで勤務している必要があります。

申し込みフォームの記入間違い

申し込み時の入力フォームに間違いがあるケースです。住所や電話番号などなら、うっかりミスとして判断されることも多いですね。ただし、連絡が取れないような記入もれや入力間違いなら、審査を受けても結果を伝えることができません。

また、収入を大きめに、勤続年数を長めに書いてしまうと、わざとではなくても信用を失ってしまうことがあります。送信前にしっかりと確認しておきましょう。

カードローン審査に通らない理由は何?

カードローンの審査に通らない時、どんな理由が考えられるのでしょうか。

審査に通らなかった時も、なぜ通らなかったのか、その理由は教えてもらえません

自分で通らない理由を推測して、別のローンへの申し込み、あるいは期間をあけて再申し込みする必要があります。

延滞履歴が残っている

以前にローンを利用していて延滞していると、その履歴は信用情報機関に残っています。一定期間経たないと、記録はなくなりません。自分でも忘れているような返済遅れのせいで、審査に通らなかった可能性があるのです。

信用情報機関の記録は本人なら照会することができますね。審査に通らなかった場合は、一度調べてみるとよいでしょう。

収入が少ないまたは勤続年数が短い

カードローンでは、収入に応じた限度額が設定されます。しかし、あまりにも年収が低すぎると返済できないと判断されて、審査には通らないでしょう。

また、カードローンでは住宅ローンのように勤続年数の条件はありません。しかし、安定した収入があると判断されるためには、少なくとも半年は同じところで勤務している必要があります。

申し込みフォームの記入間違い

申し込み時の入力フォームに間違いがあるケースです。住所や電話番号などなら、うっかりミスとして判断されることも多いですね。ただし、連絡が取れないような記入もれや入力間違いなら、審査を受けても結果を伝えることができません。

また、収入を大きめに、勤続年数を長めに書いてしまうと、わざとではなくても信用を失ってしまうことがあります。送信前にしっかりと確認しておきましょう。